若者が賃貸を選ぶメリット3つ

住むところを選ぶとき、まず選択肢として浮かぶのが「購入して持ち家にするか、賃貸にするか」。ある程度資金の目処がたっている人ならなおさら、持ち家を、と考える人も多いかもしれません。ところが今、若者を中心に賃貸を選ぶ人が主流となっています。
若者世代の人が賃貸を選ぶ際のメリットは3つ。1つ目は気軽に引っ越せること。転職や結婚など、賃貸ならライフプランに合わせた自由度の高い住居選びが可能です。2つ目は、新しい刺激を得られること。人間関係や住環境のマンネリ化を断ち、自分の感性に合った街を選んで住む。それは家庭や持ち家といった、ある意味での縛りを持たない若者世代ならではの魅力です。3つ目は想定外の損失を小さく抑えられること。近年の環境問題と相まって、台風や地震といった自然災害による住居の被害が毎年のように頻発しています。その際持ち家に比べて損失が少なくて住むのが賃貸だと言えます。

賃貸に魅力を感じているのは若者以外にも

若者世代のみならず、高齢者のあいだでも賃貸の人気が高まっています。すでに持ち家がある人も売却したり賃貸に出したりし、自分自身は賃貸を住まいとして選ぶ人が少なくありません。
持ち家は自分たちの思うようにリフォームしたりできる楽しみがある反面、古くなった設備の修繕や庭の手入れなど、賃貸であれば業者がやってくれる維持管理を自ら行う必要があり、高齢者だけの世帯にとっては負担になるケースがあります。また、終活といった身辺整理を始める世代になると、税金や相続などの懸念事項が生じ、持ち家があることをデメリットに感じる場合もあるでしょう。
バリアフリーにリフォームされた高齢者向け賃貸住宅がどんどん整備されているなかで、その先の人生の負担を減らし、より安心安全に暮らせる住環境が得られるという点で賃貸に魅力を感じる人が増えていると考えられます。

札幌西区の賃貸には女性限定のルームシェア物件なども用意されているのでセキュリティ面においても十分安心できる環境です。