部屋が汚れやすいので退去する時に大変

賃貸住宅にファミリーが住む場合のデメリットには、部屋が汚れやすいという点があります。一人暮らしの場合は、自分が綺麗に部屋を利用すれば汚れにくいので大掃除をしなくても綺麗な状態をキープできます。さらに、退去する時も部屋がそこまで汚れていないという事もあり、掃除で苦労しないでしょう。しかし、ファミリーで住む場合は自分が綺麗を意識して住んでも、ファミリーで綺麗に部屋を利用しなければ結局部屋が汚れやすくなります。 結果的に、定期的に大掃除をしなければいけないでしょう。さらに、退去する時にかなり汚れていて掃除で苦労するのでファミリーで住む時は、なるべく一緒に住むファミリーに対して「綺麗に部屋を利用してね」と注意しておく必要があります。

ファミリーが増えると問題が起こる

賃貸住宅にファミリーで暮らす場合は、新しく子供が出来た時に問題が起こります。子供が小さい時はまだ大きな問題になりませんが大きくなってくると子供部屋を準備しなければいけないです。購入物件であれば、最悪部屋を拡大するための工事や部屋の内装をかえる工事が可能です。しかし、賃貸物件はそのような工事を許可なくできないです。さらに、許可をもらおうとしてもこのような大掛かりな工事だと許可が下りない事がほとんどなので、結局他の賃貸住宅に引越ししなければいけないでしょう。 そこで、将来何人子供を作るのかを決めてから賃貸住宅選びをしていきます。子供を2人産む予定なら子供部屋が2部屋ある物件を選べば、子供が出来た時にも対応できます。